忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2020/04/10 05:21 |
ProjectDIVAについて独り言
昨日からアマゾンで販売再開されてたから注文しといた。いまはニコニコで有志がアップロードしているオリジナル譜面を見ながら楽しんでいる。早くプレイしたい。

そういや昨日PSPをバージョンアップ(もちろんCFWで)したが、僕のPSPは初代機だから、スペックが心配(最新機と初代では処理速度にかなりの差がある)なのと、あとPSPRのやりすぎで一回ボタン裏のゴムが裂けたことがあって。DIVAをやるようになったら特に右手のボタンばっか使うようになるし、替えを買っとかないと。

このダブルラリアットの譜面とかDDR(ダンスダンスレボリューション)を模して作られているが、やはりなんか物足りない。やりづらい。
一番大きいのは「左手が使えない」こと。同時打ちができないのはもちろん、僕みたいに「左と下」を左手に、「上と右」を右手にという意識でプレイしてきた輩にとっては、たとえば「○□○□……」と来られると少しパニクる。まあこれは慣れか。
あと「リズムが分かりづらい」。ほら、DDRだったら緑と青とでリズム分かるでしょ、それがDIVAでは「タイマー」みたいなシステムになってて、それはそれで面白いんだけど近くに並べるとエフェクトで隠されてしまうから見辛い。



というかせっかくPSPで音ゲーがこんなに売れたんだから、PSPRももっと広まればいいのに。
PSPでDDRできるのは魅力的だと思うんだけど。譜面はネットでいくらでも入手可能(ちょっと著作権的にアレかもだけど)だし、両手押しがね、なんといってもできるのがね、とにかくもう、いいんでね。
試しにPSPRのプレイ動画(音量注意)をひとつ、見てみるといい。
僕の腕前は、この動画と同じくらい。クリアはできるけどパーフェクトはかなり無理があるレベルか。


以下アマゾンへのリンク。
初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-(特典なし)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)
PR

2009/07/11 20:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | 初音ミク
初音ミクにはまってます
実はブームが始まった2007年9月頃から3か月ほどは
ニコニコで粘着したりmp3落としたりといろいろ頑張ってたんですが、
それ以来ミクとは疎遠になっていたのです。

それが今回オリコン4位にミクいるよー! っというニュースを受けて、
久々にニコニコ行って、片っぱしから聴いております次第。

これまでにもデイリーでは2位とか、何回かあったみたいですけど、
週間で4位というのは、やっぱすごいですよねえ。

以下、適当に今回のニュースに関するトピックを
音楽シーンに異変? 「初音ミク」チャートインの理由 - エンタ - 日経トレンディネット
>初音ミクの最初のメジャー流通盤は、livetuneというグループの
>アルバム『Re:Package』だった。2008年8月27日にビクターエンタテインメントから発売され、
>オリコンウイークリーチャートで5位を記録するという快挙を成し遂げている。

>このリリースで注目すべき点は、彼らがJASRAC登録を回避したことだった。
>業界の常識では、メジャーの流通に乗せるなら著作権登録は当たり前なわけだが、
>彼らはその常識には従わなかったわけだ。
>そうした理由は簡単で、ユーザーの二次利用を妨げないためだ。

たしかこのときは、ミクも金を取るようになるのか、とかなんとか
ニコニコでちょっと騒動になったような記憶があります。
今となってはなつかしい。うん。

ちなみに、Re:Packageは結構好きな曲で、
以前天雀がミクの曲集めてCDに焼いたとき、トラック1に選んだ曲でもあります。
こういうCD作るときって、意外と曲順考えるのに時間使うんですよね。


んで、情報収集してたらこんな記事見つけまして。
1年後にはオリコン入り!? 「初音ミク」超えた音声合成技術 :IT-PLUS
関西学院大学理工学研究科の森勢将雅研究員が行った「v.morish」という技術
→2人の別々の歌い手の音声を「声質」と「歌い回し」に分解して、
→それを混ぜ合わせて別のニュアンスの楽曲を合成する技術。
>サンプルとして、実際にプロの歌手が歌った音声データと、学生がそれっぽく歌った音声データとが
>最初に示された。その学生の声が、マウスでの簡単な操作で あっという間に
>プロが歌うのと同じ雰囲気に切り替わったのには、あっけにとられた。
>声質は素人のままなのだが、タイミングや間の取り方が完全にプロに置き 換えられ、
>完璧な楽曲にその場で変わったのだ。


さらにその応用版である「e.morish」を使えば、
>喜び、怒り、哀しみといった情感を変えて歌った同じ歌手の曲のデータを混ぜて、
>曲のニュアンスまでリアルタイムに変更できる

という。

【V.MORISH】リアルタイム歌唱モーフィングのデモ ニコニコより。
これはすごい。
なんていうか、もちろん合成の出来も個人的にはすごくいいんだけど、
その合成速度がハンパないんですよ。リアルタイムですもん。
(リアルタイムで動かすために、計算を多少妥協しているそうですが)

そのほか、デモを体験してみたい方はSTRAIGHT DEMOのページへ行ってみると吉。

2009/03/24 20:50 | Comments(0) | TrackBack(0) | 初音ミク

| HOME |
忍者ブログ[PR]